キキョウ 桔梗色は故郷を思い出す色

植物図鑑

キキョウ 桔梗色は故郷を思い出す色
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

キキョウ【桔梗】 キキョウ科キキョウ属

キキョウ-桔梗

和名

キキョウ【桔梗】

キキョウは、秋の七草のひとつ。万葉集に歌われた秋の七草の「あさがお」もキキョウのことだといわれています。別名はオカトトキ【岡止々岐】

学名

Platycodon grandiflorus

花言葉

『永遠の愛』『誠実』『清楚』『従順』

花期

6月~9月

特徴

紫、白、紫と白のカスリ、桃色などの種類があり、鉢植え向けの背丈が低いものも栽培されています。

つぼみの状態では花びら同士が風船のようにぴたりとつながっているため、英名は『balloon flower』です。

このバルーンがパックリと割れるところを見るのが大好きでした。

秋の七草としてなじみ深い花ですが、実際に花が咲くのはもう少し前です。野趣に富んだ紫色の花が夏の涼味を誘うからと、キキョウが好きという人は多いようです

。山野に自生するほどなので、1度根付けば、こぼれ種でどんどん増えます。梅雨時には根腐れ病が発生しやすいので、間引いたほうがいいかもしれません。

高温多湿を嫌うので、半日陰の風通しのいいところで育てましょう。

『市の花』に指定されているキキョウ。10市ほどが指定しています。コミュニティーバスの愛称となったり、市のシンボルとしても描かれています。

私にとっては故郷を感じる花です。

キキョウの根はサポニンを多く含むことから生薬(桔梗根)としても利用されています。

キキョウ-つぼみ

『キキョウ』情報

昔話『ききょう物語』

あらすじ

昔、由布山(ゆふさん)の精と九住山(くじゅうさん)の精とが、美しい鶴見山の精である姫を妻に迎えようとした時の話です。

鶴見から近いところに住んでいた由布山の精は、二人は幼い頃から親交があり、由布は鶴見を妻に迎えたいと心ひそかに思っていました。そんな秋の日、遠く離れたところにある九住山の精である若者が、旅の途中に一夜の宿を求めて鶴見の屋敷を訪れました。そこで鶴見の姫に一目ぼれしてしまった九住は、高く火を吹きあげる山にふさわしく、胸の熱い思いをストレートに口にしました。「どうか私の妻になってくれ」

鶴見の姫は、初めて聞く男の口説き言葉に心を奪われ、いつしか結婚の申し出にうなずいていました。姫の返事をもらった九住は、弾む心を抑えて婚礼の準備のために国へ向けて旅立っていきました。二人の事を知った由布は、魂がちぎれるような悲しみに耐えて、姫のもとに美しいキキョウの花と手紙を贈りました。「よその土地に行かれても故郷の山の花を忘れたもうな。道の端、野のすみに咲き続ける花のある事をわすれたもうな」

鶴見の姫は、幼いころからいつも優しかった由布の事を思い出していました。姫は、いつも近くにいてくれた由布を愛していた事に気が付いて、素足で由布のもとへ駆け出しました。こうして由布山と鶴見山は永久に結ばれました。

翌日、九住の一行が姫を迎えに屋敷にやってきましたが、一通のかきおきを乳母から受け取りました。「足元の草花にどれほど心慰められていたかに気づかず、遠くの花の美しさに目を奪われておりました。私は由布さまのところへ参ります、なにとぞお許し下さい」鶴見の姫のまっすぐな心を知った九住は、辛さを胸に飲み込んで男らしく立ち去っていきました。

九住山がその時に流した涙がたまり、今の志高湖になりました。由布山と鶴見山は今でも仲むつまじく寄り添い続け、九住山は雲をついて雄々しくそそり立っています。

(紅子※講談社の決定版100より 2012-1-22 21:11)

出典 http://nihon.syoukoukai.com

キキョウ-六甲山

出典 http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp

1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。