ホウセンカはマリーゴールドと一緒に植えると病気になりにくい

植物図鑑

ホウセンカはマリーゴールドと一緒に植えると病気になりにくい
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

和名

ホウセンカ【鳳仙花】 ツリフネソウ科ツリフネソウ属

ホウセンカ-庭

ホウセンカ【鳳仙花】

学名

Impatiens balsamina

花言葉

『私に触れないで』『短気』

花期

7月~8月

『ホウセンカ』の愛し方

私が育った場所は山の中でしたが、夏にはどこの家の庭にも『ホウセンカ』が咲いていました。種が弾かれるの面白くて、『ホウセンカ』の熟した実を片っ端から弾けさせて遊んでいた思い出があります。『ホウセンカ』は自分の庭があったら、必ず植えておきたいと思う植物のひとつです。

ホウセンカ

『ホウセンカ』は、中国では宋の時代から知られている花で、室町時代に日本にはいってきました。『ホウセンカ【鳳仙花】』という名前は、中国語「鳳仙華」の音読みで、「鳳凰」と「仙人」が合わさったものだそうです。

「鳳凰」は、花の形が、想像上の鳥である鳳凰の羽ばたく姿に似ているから。「仙人」は、中国の昔話に由来しているとのことなのですが、どのような話かというと

昔、若い木こりが山奥で道に迷い、空腹のために倒れてしまった。そこへ鳳仙という名の仙人が現れて、衣服の袖から青い壺を取り出し、その壺の中から鯉を釣り上げて木こりに食べさせた。鳳仙は、不思議そうにしている木こりについてくるようにいうと、壺の中に入っていった。木こりが壺の中に入ると、そこには広い田畑や屋敷が建ち並んでいた。木こりは鳳仙の屋敷でもてなしを受け、土産に種をもらって、見覚えのある道に帰してもらった。無事に家に戻った木こりが土産にもらった種を蒔くと、美しい花が咲き、壺型の実がなったという。

出典 http://plumkiw948.at.webry.info

今の『ホウセンカ』は、昔ながらの『ホウセンカ』とは少し変わってきていて、艶やかな椿花咲きや、茎の頂に房のように盛り上がって咲く頂花咲き、赤白の混合の八重咲きなど、鉢植えにした方が見ごたえがあるのではないかと思う品種が多くあります。

ホウセンカの実-マリーゴールド

『ホウセンカ』は一度買ってきて植えておけば、その子孫が何代も種から生え続ける植物ですが、過酷な環境では病気に弱いところがあります。水はけの悪い場所では立ち枯れ病になりやすく、乾燥し過ぎると、ネマトーダ(せんちゅう)に侵されて、全滅することもあります。

『ホウセンカ』の種をまくときは、場所を年々かえて連作をさけたり、『マリーゴールド』と一緒に植えてその力を借り、花壇を浄化するようにするといいですね。

『ホウセンカ』は環境があえば、病虫害もほとんどなく健やかに育ちます。

『ホウセンカ』情報

1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸