つんとすましたタマスダレと、ちょっと過保護なゼフィランサス

植物図鑑

つんとすましたタマスダレと、ちょっと過保護なゼフィランサス
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

タマスダレ【玉簾】 ヒガンバナ科タマスダレ属

タマスダレ

和名

タマスダレ【玉簾】

別名は『レインリリー』『ゼフィランサス』です。

『タマスダレ』は、白い花が「玉」、細長い葉が「簾」。細長い葉の簾に白い花がついているという意味のようです。

別名の『レイン・リリー』も雨の後から一斉に咲き始めるからだそうです。

学名

Zephyranthes candida

花言葉

『汚れなき愛』『期待』

花期

8月~10月

『タマスダレ』の愛し方

『タマスダレ』は、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイのラプラタ川流域及びチリ、ペルー原産なのだそうです。日本には明治時代初期に渡来しました。日本の環境にはしっかり適応できたようで、半野生化した群があちこちに見られます。

ゼフィランサス

学名の『ゼフィランサス』の種類は、白の他にピンク、黄、オレンジなどの色のものがあります。花姿が皆似ているので、『タマスダレ』の色違いかと思うとそうではありません。それぞれ原産地も性質も違います。

ゼフィランサス

ピンクの『ゼフィランサス』は『カリナタ』という名前で流通していることが多いものですが、和名は『サフランモドキ』です。『サフラン』に似ているというそのまんまの名前ですが、『ゼフィランサス』が通称名となっています。

『ゼフィランサス』は『タマスダレ』よりも大型で、5から6月にポツンポツンと咲いています。ピンク色がなんとも優雅で、見つけるとつい近寄って眺めてしまいます。

『ゼフィランサス』寒さには少し弱いので、家の南側の日だまりに植えてあることが多い花です。

タマスダレ-ゼフィランサス

私は、日本で見慣れた、丈夫で育てやすく、よく分球してふえる、上を向いて咲く白い花がすがすがしい『タマスダレ』が好きです。ツンと立ち上がっている葉は常緑性なので、冬でも存在が消えたりしません。
線路脇に生えいるのを見つけたりすると、嬉しくなっちゃいます。

『タマスダレ』は、一度植えたらそのまま、誰も気を使って育てないのに、夏の終わりに咲いています。可憐な花なのに丈夫すぎて絶対に枯れないので、「あ、タマスダレだ♡」と思う私のような人しか、わざわざそこにしゃがみこんでまで鑑賞してはくれません。

『タマスダレ』をそこに植えた人も、それをわかっていて育てているのです。

『タマスダレ』球根の植え時は春ですが、いつわけてもらって植えても大丈夫です。頼もしいですね(笑)

『タマスダレ』情報

フラワーナイトガールのレインリリー(タマスダレ)

レインリリー-タマスダレ-フラワーナイトガール

バナナオーシャン出身の花騎士、レインリリーだよっ。花言
葉は「清い愛」。ほら、リリーってば見た目通りの清純系で
か弱い花騎士だから迷惑掛けちゃうかもしれないけど、一生
懸命頑張るね!

出典 http://xn--eckq7fg8cygsa1a1je.xn--wiki-4i9hs14f.com

フラワーナイトガールのゼフィランサス

ゼフィランサス-フラワーナイトガール

私がゼフィランサス。花言葉は「清い愛」。ね、似合うでしょ?
ほら、私ってこう見えても清純派だから~。ほんとだよ?
信じてくれたら、イイコトしてあげてもいいけど、どうするぅ~?

出典 http://xn--eckq7fg8cygsa1a1je.xn--wiki-4i9hs14f.com

1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!