ブーゲンビリアの花を使った告白は成功率が高い💗

植物図鑑

ブーゲンビリアの花を使った告白は成功率が高い💗
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ブーゲンビリア オシロイバナ科ブーゲンビリア属

『ブーゲンビリア』はオシロイバナ科の熱帯性の低木で、中南米の熱帯に自生しています。発見したのがフランス人の探検家ブーガンヴィルさんです。

熱帯性の植物なので、暑さに強く、日光を好みます。熱帯地方では普通に生えていて、生け垣や、壁面、棚作りやアーチに使われています。

和名

イカダカズラ【筏葛】 ココノエカズラ【九重葛】

苞を筏に見立て、中心の筒の花を船頭に例えているのです。

学名

Bougainvillea

花言葉

『情熱』『熱心』『あなたしか見えない』

花期

5月~10月

ブーゲンビリア

『ブーゲンビリア』の愛し方

沖縄に行くと、垣根に『ブーゲンビリア』が自然な景色ですね。南国に来た~!と実感します。

ブーゲンビリア

ブーゲンビリアの花は、赤やピンク、紫、白、オレンジ、黄色など、さまざまな色があるりますが、実はカラフルなのは花ではなくて苞(ほう)と呼ばれる葉です。花はどれかというと、真ん中の白い部分です。

『ブーゲンビリア』のアロマ製品やコスメがあるので、爽やかな甘い香りがすると思いがちですが、『ブーゲンビリア』には香りがありません。『百合』や『ジャスミン』などのように香りがきつい花は苦手という方にもプレゼントできます。

インドのアーユルヴェーダでは、『ブーゲンビリア』の葉に含まれる「ピニトール」が糖尿病に効果が有るとされています。

『ブーゲンビリア』は中央・南アメリカの熱帯雨林が原産地です。厳しい環境の中でそだてないと、花がつきません。地植えの『ブーゲンビリア』も鉢植えの『ブーゲンビリア』も、水をあげすぎると花がつかないのです。かなり乾かし気味でも大丈夫です。夏の間は油粕を与えるとよく育ちます。

水をやりすぎて花がつかない『ブーゲンビリア』は、葉が青々と茂り、するどい棘が出てきます。手入れするのには軍手が必要です。ところが、伸びたつるを剪定したり、花が咲くように手をかけてやっている木には、比較的に棘が少ないようです。

甘やかすとぐれちゃうけれど、手をかけてやると答えてくれる。
花言葉の「あなたしか見えない」が頭にうかびませんか?


『ブーゲンビリア』は挿し木でよく増えます。花瓶にさしてしばらくすると根がでてくるので、それを土に植えるのです。直接土に挿しても大丈夫。
沖縄では挿し木用の枝がお土産に売られているのだそうです。

「ブーゲンビリアの花を見にいこうよ!」

私だったらきっと「ウン(^^♪」っていっちゃうけどな(笑)

『ブーゲンビリア』情報

1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法