ワスレナグサは日当たりのよい水辺を好む花なのに種は光が大嫌い

植物図鑑

ワスレナグサは日当たりのよい水辺を好む花なのに種は光が大嫌い
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ワスレナグサ【忘れな草】 ムラサキ科ワスレナグサ属

ワスレナグサ

和名

ワスレナグサ【忘れな草・勿忘草】

学名

Myosotis sylvatica

花言葉

『真実の愛』『私を忘れないで』

花期

3月~6月

『ワスレナグサ』の愛し方

『ノハラムラサキ』『エゾムラサキ』『シンワスレナグサ』『ノハラワスレナグサ』
同じ『ワスレナグサ』なのにいろんな別名があるのかと思ったら、違いました。それぞれ別の品種名です。

どうやら、『エゾムラサキ』という品種が日本の在来種で、北海道の根室や長野県の松本に自生しています。

ワスレナグサ-エゾムラサキ

『ワスレナグサ』はヨーロッパ産の基本種と日本の在来種、品種改良されたものなどが流通しているのですね。『ワスレナグサ』の、ドイツの悲恋伝説に由来する花言葉「私を忘れないで」はあまりにも有名ですね。

ドナウ川の河畔を散歩していた恋人たち。青いきれいな花を見つけた男性が足を滑らせて川に落ち、最後の力を振り絞って叫んだことばが、「Vergiss-mein-nicht!(私を忘れないで)」・・・ため息しかでない、悲しい事故です!


『ワスレナグサ』は、小さいのに目をひく、不思議な花です。ほんの小さな青い1cmほどの花なので、品種ごとの違いがどこにあるのか、私にはわかりません。

全部『ワスレナグサ』でまとめてしまいましょう♪

ワスレナグサ

歌にも歌われるほど、『ワスレナグサ』の花の色とその群れは、心に残るもののようです。草丈が低いので、鉢花としても愛用され、グランドカバーにもなっています。

『ワスレナグサ』は、鉢植えとして売られていることが多いので、手軽に花をたのしむことができます。種から育てるのも簡単で、一昼夜水にひたした種をまいた後、上にうすく細かい土をかぶせます。

種には嫌光性があるので、それを怠ると発芽しません。

『ワスレナグサ』を庭に植える場合は、日当たりのよいところに植え、たえずじめじめするぐらいの水をかけるようにすると、長い期間咲き続けます。

『ワスレナグサ』は水辺で育つ花なのです。

『ワスレナグサ』情報

フラワーナイトガールのワスレナグサ

ワスレナグサ-フラワーナイトガール

ワスレナグサ、それが私の名前だ。
戦闘の経験は豊富なつもりだが、さて役に立てるかどうか。
花言葉の「真実の愛」と「私を忘れないで」の通り、
大切なことは忘れたくないと思っているが……。
ふふっ、現実はなかなか難しいものだ。

出典 http://xn--eckq7fg8cygsa1a1je.xn--wiki-4i9hs14f.com

1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法