オオデマリは落葉後に剪定すると花が咲かなくなるので気を付けて!

植物図鑑

オオデマリは落葉後に剪定すると花が咲かなくなるので気を付けて!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

オオデマリ【大手毬】 スイカズラ科ガマズミ属

オオデマリ

和名

オオデマリ【大手毬】

別名で『テマリバナ【手毬花】』とよばれます。

学名

Viburnum plicatum f. plicatum

花言葉

『誓約』『約束』

花期

5月~6月

『オオデマリ』の愛し方

初夏に、純白の小花を『アジサイ』のようにこんもりと群がらせてさかせているのが『オオデマリ』。大きくなってもせいぜい3mくらいの低木なので、庭木として好まれています。

『オオデマリ』は最初緑色の花ですが、やがて白い花に変化します。ピンク色の花が咲く品種もあります。

オオデマリ

『オオデマリ』は葉も秋には紅葉するので、花も葉も楽しめる低木です。

『オオデマリ』によく似た名前の植物に『コデマリ【小手毬】』という植物がありますが、まったく別の種類の植物です。

『オオデマリ』は日本原産の『ヤブデマリ』の園芸品種です。丈夫な木なので、植える場所を選びませんが、日当たりが悪いと、やや花付きが悪くなるようです。

『オオデマリ』を花壇の奥に植えると、庭の核になります。手前に小さな花木や色鮮やかな草花を配置すると、それぞれが引き立てあってバランスがとれます。『オオデマリ』はただ放置するのではなく丸い形に仕立てると、素敵なになるのではと思います。

オオデマリ

『オオデマリ』の花は枝先につくので、秋の落葉前に枝先を切り詰めてはいけません。せっかくついた花芽を切ってしまうことになり、翌年は葉っぱだけの殺風景な『オオデマリ』になってしまいます。

『オオデマリ』は挿し木で簡単にふやせます。3月中旬の芽が出る前か、6月下旬の新芽が固まったころの枝の先端を切り捨てたもの。どちらも10cmほどの枝にして挿しましょう。

『オオデマリ』情報

1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法