寒い地方のトサミズキは花が咲いている時が植え時です

植物図鑑

寒い地方のトサミズキは花が咲いている時が植え時です

トサミズキ【土佐水木】 マンサク科トサミズキ属

トサミズキ

和名

トサミズキ【土佐水木】

学名

Corylopsis spicata

花言葉

『清楚』『愛』『伝言』『優雅』

花期

3月~4月

『トサミズキ』の愛し方

日本の土佐の蛇紋岩地帯が原産で、葉の形がミズキ科の樹木に似ているから『トサミズキ』。わかりやすい♡

『トサミズキ』は、早春から明るい黄色の花を咲かせ、『レンギョウ』や『マンサク』と同じように、江戸時代から庭木や盆栽、切り花として親しまれてきました。

海外へ持ち出したのはシーボルトだそうです。

マンサク科トサミズキ属は東アジアからヒマラヤにかけて、数10種類あるそうです。日本には『トサミズキ』以外に、『ヒュウガミズキ』『キリシマミズキ』『コウヤミズキ』などが自生しています。姿や大きさなどは若干違うのですが、基本的に花は皆黄色ですね。

トサミズキ-生垣

『トサミズキ』は、3月~4月に、葉が出る前に半開きの黄色い花が7~8子穂になって垂れ下がる、早春の花木です。庭木、切花、鉢植えなど用途は広く、生垣にしたてられることもあります。

『トサミズキ』は樹勢は強く、土質も選ばず、日当たり、半日陰と、たいていのところでよく育ちます。優等生ですね。

ただ、どこで育てても花付きはいいのですが、あまり日陰だと花色が冴えないので、日なた、または半日陰のところに植えてやってください。

『トサミズキ』は、挿し木、実生、株分けで、どんどんふやすことができます。挿し木をするのは、2月下旬から3月上旬に前年枝を15cmほどに切ってさすといいですね。株分けをするなら、3月上旬から中旬までがぢょうどいい時です。

『トサミズキ』関東より南だと厳寒期を除いた10月中旬から翌年の春までが植え付けの時期です。寒い地方では秋植えは避けて、開花直前から花どきに植えるのがいいそうです。この時は、つぼみだけは傷つけないように気をつけましょう。

『トサミズキ』情報

1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ