コリウスの花は葉の色を綺麗に保つために、咲く前に摘み取られてしまう

植物図鑑

コリウスの花は葉の色を綺麗に保つために、咲く前に摘み取られてしまう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

コリウス シソ科コリウス属

コリウス

和名

キンランジソ【金襴紫蘇】

学名

Coleus blumei

花言葉

『かなわぬ恋』『善良な家風』『健康』

花期

6月~10月

『コリウス』の愛し方

『コリウス』は、インドネシアうやスリランカの原産です。和名の『キンランジソ【金襴紫蘇】』が表すとおり、『シソ【紫蘇】』の仲間です。

コリウス

明るいえんじ色に黄色、黄緑などの色で飾られた『コリウス』は、鉢植えでもいい姿になるし、半日陰をこのむ『アフリカホウセンカ』と花壇で色を競わせてもよい植物です。

『コリウス』は、直射日光よりも半日陰の方が真の美しさを発揮します。窒素肥料を与えると、葉の色が悪くなるので、注意が必要です。

また『コリウス』は、暑さや湿気に強い植物ですが、乾燥に弱いので、植える土は水もちのよいものを使いましょう。葉からの水分の蒸散も激しいので、土の水分のチェックを忘れてはいけません。『コリウス』の葉は色がとてもきれなので、ハンギングバスケットに仕立てたくなりますが、さらに乾燥しやすくなるということなので、個人的にはあまりお薦めできません。

コリウス

『コリウス』は葉の色を楽しむ植物です。『シソ』の穂と同じような花が咲きますが、花が咲くと葉の色があせてきます。人間の都合で、花芽は摘み取ってしまいましょう。葉に栄養が回って綺麗になります。

『コリウス』の花言葉の「かなわぬ恋」は、花を摘み取られてしまうことが由来なのだそうです。

店先で眺めていると、いろんな色があって迷ってしまいます。『コリウス』は毎年新色がデビューするのだそうです。

コリウス

栽培する場合は、『コリウス』は種から育てますが、そのの種は細かいので、まいたら上から水をかけずに下から用土に吸わせるようにします。8月中に挿し芽で増やした方が簡単だと思います。天芽をとって挿すか、茎を2、3節つけて挿すと、1週間ほどで発根します。

どんどん成長するので、秋の花壇に十分間に合いますね。

温室で冬越しをすれば、『コリウス』の親株を春に持ち越すこともできます。

『コリウス』情報

1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!