マーガレットは香りよりもその白にいやされる花

植物図鑑

マーガレットは香りよりもその白にいやされる花
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

マーガレット キク科モクシュンギク属

『マーガレット』は本当に知名度の高い花です。庭先や公園の花壇などでもよく見かける、ガーデニングで人気の植物です。

和名

モクシュンギク【木春菊】

別名は『フランスギク』です。

『マーガレット』とは、アフリカのカナリア諸島に生える低木です。私たちが普段目にする『マーガレット』は、モクシュンギクとの交配種やフランスギクのことなのです。

学名

Argyranthemum frutescens

花言葉

『恋占い』『心に秘めた愛』『信頼』

花びらを1枚ずつちぎっていく恋占い。女の子はやったことがあるのではないでしょうか?懐かしいですね(笑)

花期

3月~7月

『マーガレット』の愛し方

マーガレット-日高町

『マーガレット』の花には、白、黄色、ピンクなどがあるそうですが、やはり白が『マーガレット』ですね。
原産はカナリア諸島です。『マーガレット』の名は、白い花をギリシア語の真珠マーガライト(margarites)にたとえたものとされています。

ヨーロッパでは、白=マーガレットなのです。


花の品種によって早咲きと遅咲きがあるので、ガーデニングでうまく組み合わせると、長い期間楽しめます。

原産はカナリア諸島です。

「花は知っているけれど、育て方は知らない」という人は多いのではないでしょうか。

12月から4月にかけて『マーガレット』の切り花が売り出されます。これは伊豆や房総の路地で生産されたものです。鉢物は4月から5月に売り出されますが、かなりの低温でも育つ植物なので、家庭での鉢栽培は十分可能です。

『マーガレット』は苗を買ってきてそだてることが多いと思います。『マーガレット』の草丈が15cmほどまで生長したら、新芽を摘み取ってしまいます。

新しく伸びるわき芽を育てることで、最終的に花数が多くなるのです。

剪定に適した時期は9月頃です。長く伸びた草丈を半分ほどに切り戻します。葉は全て切り落とさずに残しておくのがポイントです。

『マーガレット』は根詰まりを起こしやすいので、育てて1年以上たっていたら、一回り大きな鉢に植え替えてやります。『マーガレット』は水はけのよいアルカリ性の土を好むので、市販されている草花用の培養土に苦土石灰や有機石灰を混ぜ、2週間寝かせてから使ってくださいね。

挿し木で増やす方法もあります。

『マーガレット』の鉢での花が終わったら、花を切って肥料をあたえます。6月に芽の先端から5から10cmの長さに切って、2時間ほど水につけてから、挿し木用の土に挿しておきます。この時にも、葉を3から4枚、残してくださいね。

鉢に植えたものを、9月に地上から5cmほどのところで摘心して日あたりの良い場所で育てると、翌年の春には再び花を咲かせます。

外ではあまり気になりませんが、『マーガレット』は実は、香りはあまり良くありません。それも踏まえて、恋占いの花のを楽しんでいただけたらと思います。

『マーガレット』情報

マーガレット-和歌山

出典 http://www.jalan.net

瀬戸内海とのコラボレーションが見事な、約500万本の『マーガレット』の花畑は、香川県の「フラワーパーク浦島」でみることができます。

1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法