背が高くすっくと立つタチアオイの唯一の手入れは、台風の時の支柱

植物図鑑

背が高くすっくと立つタチアオイの唯一の手入れは、台風の時の支柱
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

タチアオイ【立葵】 アオイ科ビロードアオイ属

タチアオイ

和名

タチアオイ【立葵】

学名

Althaea rosea

花言葉

『大望』『野心』『大志』『気高く威厳に満ちた美』

花期

6月~8月

『タチアオイ』の愛し方

地中海沿岸が原産の『タチアオイ』は、梅雨明けから夏に咲きます。『タチアオイ』の花が咲き始めると、夏がきたなと思います。背丈は60cmから2mまで育ちます。ハイビスカスに似た花です。

夏の日差しを受けて、すくっと茎を高くのばした白、ピンク、赤などの『タチアオイ』。たまに電車に乗っていると、あっと思う風景です。『タチアオイ』ってあちこちに咲いているんですね。

英名は『ホリホック』。パレスチナ地方のものを十字軍が遠征の際に持ち帰って、ヨーロッパで栽培されたと言われています。『タチアオイ』には、一重咲と八重咲があり、群生させると見栄えがします。

タチアオイ

『タチアオイ』は性質がすごく強くて、手入れも特に必要なく、植える場所も選びません。

ただし、台風の時だけは、支柱を立ててやってほしいです。

日本人が『葵』という名前で連想するのは、京都の「葵祭り、、徳川家の「葵の御紋」でしょうか。どちらの『葵』も『フタバアオイ』で、『タチアオイ』とは別の植物です。

『フタバアオイ』はこちらです。

フタバアオイ

昔、中国からいろいろなものが入ってきた時に、『タチアオイ』は、根が生薬として使われる薬草でした。根の効き目よりも花姿の立派さが気に入られて、園芸種とひろまったのだそうです。

タチアオイ

『タチアオイ』は、冬は根だけが残って、翌年も咲く多年草です。茎は毎年枯れてしまい、翌春にまた地面から伸びてきます。

ちょうど梅雨が明けるころになると、『タチアオイ』はすっかり伸び切って、大人の背丈よりも高くなっています。花穂の花も一番上まで全部咲き切ります。

毎年、『タチアオイ』の花が咲き切ると梅雨が終わり、本格的な暑さが始まるといわれています。

『タチアオイ』情報

草花図屏風

タチアオイを主題に描いた『草花図屏風』
渡辺始興、18世紀前半

草花図屏風

出典 http://upload.wikimedia.org

1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。