ピンク色のケイトウは秋空の下で鮮やかに咲く

植物図鑑

ピンク色のケイトウは秋空の下で鮮やかに咲く
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

ケイトウ【鶏頭】 ヒユ科ケイトウ属

和名

ケイトウ【鶏頭】

夏から秋にかけ、赤・桃色・黄色などの花穂ができる。その形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることから『鶏頭』の名がつきました。

学名

Celosia argentea

花言葉

『おしゃれ』『気取り』『風変わり』『個性』

花期

7月~11月

『ケイトウ』の愛し方

『ケイトウ』には、丸い『久留米ケイトウ』とさかに似た『トサカゲイトウ』火が燃え上がるような『羽毛ケイトウ』など、花の形もいろいろ。色も、赤、ピンク、黄、複色など、とても豊富です。

草丈もいろいろで、切り花用の高性種と花壇用の矮性種があります。『ケイトウ』だけで、花壇がひとつ作れてしまうほどです。

ケイトウ

『ケイトウ』は、移植を嫌うので直蒔きをします。『ケイトウ』の種は嫌光性で、日光の当る場所では発芽しません。土はアルカリ性にしてください。

その後は、育てるのはとても簡単です。

ケイトウ

『ケイトウ』は夏の花です。ただし、ピンク色の『ケイトウ』だけは、遅まきをして秋に花を見る方が、さえた美しい色を楽しめます。

夏花壇のスケジュールからはずして、秋の『ハゲイトウ【葉鶏頭】』と組み合わせてはいかがでしょうか。

ハゲイトウ

『ハゲイトウ』は、別名『ガンライコウ【雁来紅】』といい、秋に雁が近づくころに美しく色づきます。夏から色がきれいに出る品種もありますが、やはり秋空が似合う植物だと思います。

『ハゲイトウ』は、肥料をやるとあまりかっこよくなくなってしまうので、やせた土にそのまま植えましょう。

『ケイトウ』情報

ケイトウ花街道

出典 http://teamsakawa.jp

佐川町斗賀野地区、西山トンネルを通りぬけると、色鮮やかな「ケイトウ」が迎えてくれます。ここは、『ケイトウ花街道』。地域を活気づけたいという想いから、地域の方が手をかけて育てており、訪れる人や車で街道を通る人を楽しませてくれています。 ケイトウは、鶏のトサカに似ていることから、鶏頭(ケイトウ)と呼ばれ、炎のような鮮やかな花色が特徴的。万葉集の歌にもあるように、昔から日本人に親しまれてきた植物です。朝晩急に冷え込むようになってきた佐川町に、秋の訪れを感じさせてくれる存在です。

出典 http://teamsakawa.jp

1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!