ローダンセの花を楽しんだ後は風通しのよい場所に吊るしてドライフラワーに

植物図鑑

ローダンセの花を楽しんだ後は風通しのよい場所に吊るしてドライフラワーに
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ローダンセ キク科ローダンセ属

ローダンセ

和名

ヒロハノハナカンザシ【広葉花簪】

『ヒメカイザイク【姫貝細工】』という別名もあります。

学名

Rhodanthe

花言葉

『情に厚い』『終わりなき友情』『飛翔』

花期

5月~7月

『ローダンセ』の愛し方

花屋さんの奥にはきっと吊り下げてあります。ピンクと白のドライフラワーを見かけたことはありませんか?あれが『ローダンセ』と『ヘリクサム』です。

『ローダンセ』の和名は『ヒロハノハナカンザシ』『ヒメカイザイク』
『ヘリクサム』は『ムギワラギク』『ハナカンザシ』

まさに、ピッタリの名前だと思います。あの花のことだとピンときますから。

ローダンセ-つぼみ

『ローダンセ』は、オーストラリアと南アフリカに100種ほど分布している植物です。花色はピンクと白が基本で、新しい色も出てきました。

『ヘリクサム』の方はというと、黄、スミレ色、赤、白、淡紅色、暗赤色と、変化に富んでいます。

『ローダンセ』と『ヘリクサム』に共通して言えることは、花に一種の乾いた光沢がみられること。

実は、『ローダンセ』のかわいらしい花びらのように見えるピンクの部分は、総苞片(そうがくへん)といい、花を守る「葉」なのです。中心の黄色の部分が管状花とよばれる花で、『キク』などにみられる管のようなところです。

『ローダンセ』と『ヘリクサム』は、育て方も同じです。

日当たりと水はけのよい場所が適地で、その他の条件を選びません。放任気味で、構いすぎないように育てるのがコツです。

『ローダンセ』は苗で出回ることが少ないので種から育てますが、種についた綿毛を水につけたり、砂でもだんりして、よく取り除いてから、腐葉土をすきこんだ土にまきます。

春まきでも秋まきでもOKですが、秋まきの場合は、冬の低温にあわないように、フレームか室内で冬越しをさせてください。

『ローダンセ』と『ヘリクサム』。鉢花として楽しんだあとは、花屋さんで見たあのドライフラワー作りに挑戦しましょう。

『ローダンセ』情報

フラワーナイトガールのローダンセ

団長、私の名前はローダンセです!
師匠の背中を追って花騎士になりました!
「光輝」「飛翔」の花言葉に相応しい女の子になれるよう
一生懸命で頑張りたいと思います!

出典 http://xn--eckq7fg8cygsa1a1je.xn--wiki-4i9hs14f.com

1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう