アジサイの鉢植えは、アジサイを改良した「西洋アジサイ」であるという事実

植物図鑑

アジサイの鉢植えは、アジサイを改良した「西洋アジサイ」であるという事実
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

セイヨウアジサイ【西洋紫陽花】 アジサイ科アジサイ属

和名

アジサイ【紫陽花】

『セイヨウアジサイ』も『アジサイ』も別名を『ハイドランジア』といいます。

学名

hydrangea

花言葉

『移り気』『冷淡』『辛抱強さ』『冷酷』『無情』『高慢』

花期

6月~7月

セイヨウアジサイ-ハイドランジア

特徴

『アジサイ』と呼ばれているものには大きく分けて3種類あります。

『アジサイ』の原産地は日本です。日本原産の『ガクアジサイ』と『ガクアジサイ』を改良した手まりのような『アジサイ』。そして『アジサイ』を西洋で改良したのが『西洋アジサイ』です。

『セイヨウアジサイ』は、日本では『ハイドランジア』と呼ばれて販売されています。ヨーロッパで様々に交配され、大型で色も赤やピンク、青など、花色が豊富で、花も大輪。丈は小さくても花付きがとてもいいので、鉢植えにされます。

日本の『アジサイ』は、土地の肥えた湿気の多い半日陰を好み、『西洋アジサイ』は日当たりと水はけの良い所を好みます。

『ハイドランジア』はその名の通り「水を好む」の意味で、どの品種も乾燥をきらいます。鉢植えは、特に他の鉢植えほりも水を多めに与え、花や葉にもかけてやりましょう。

花屋さんでは、『セイヨウアジサイ』と『アジサイ』は特に区別はしていないようですが、見た目はなんとなく違いますね。街中でよく見かけるのは『セイヨウアジサイ』の方です。

『アジサイ』の花の色は、一般的に、土がアルカリ性なら赤、酸性なら青になるといわれます。日本で青や紫の『アジサイ』が多いのは、日本の土壌がやや酸性だからです。白い『アジサイ』は、アントシアニンという色素を持っていないため、土の酸度によって色が変わることはないのです。

赤やピンクの『アジサイ』を植える土には消石灰や苦土石灰を混ぜましょう。

新しく『ハイドランジア』の鉢植えを作るには、6月ごろに挿し木をします。発根した苗を鉢に移し、茎が伸びてきた8月ごろに、株本を4、5節切り戻してやると、花芽が付きます。12月中旬までは戸外で育てて十分に寒さにあて、真冬は明るい廊下で育てましょう。

『アジサイ』情報

あじさいの名所って本当にたくさんあります。「あじさい祭り」もあちこちで開催されています。

雨に打たれながらも咲き誇る健気な花が、日本人は好きなのです。

1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ